2012/06/14

ニュージーランドRBNZインフレ期待(2年間)の1993年12月から2012年3月までをグラフ化

ニュージーランドの経済指標である以下の指標をグラフ化しています。

・RBNZインフレ期待(2年間)
・ニュージーランド失業率
・USD/NZDレート
・金融現状認識ネット割合

その他のデータとそのCSVファイルを掲載しております。



RBNZインフレ期待とは、向こう2年間のモノとサービスの比率変動を予想する指標である。インフレ対策の一般的な方法は金利を上げることで、海外投資家が流入するほど、金利が上がり易くなる。予想より高い発表値はポジティブとなり、予想より低い発表値はネガティブとなる。

RBNZインフレ期待.csvダウンロード


RBNZインフレ期待2年間の推移です。

一定の増加幅を保っており、ニュージーランド経済自体は非常に安定した推移をしていることがわかります。


ニュージーランド失業率の推移です。

ニュージーランドではリーマン・ショック後に震災に見舞われたものの、概ね6%を下回る推移を取っています。

次の四半期終盤には比較的ドルに対して高値を付けると見込んでいるようです。


金融現状認識ネット割合の推移は直近でマイナス圏に転落しているのがわかります。


全体的にデフレ基調にあることがわかります。

ただ、一次産業が非常に強いため、将来的に深刻な懸念はないかと思います。

それでも経済自体が比較的小さいため(GDP世界51位:1兆4040億USD)、ニュージーランドの事情でGDPが変動するのではなく、世界経済との連動によって変動していくかと思います。

そのため、基本的に欧州やアメリカ、日本、中国の景況もあわせて警戒していく必要があるかもしれません。

最新の経済指標グラフ記事は以下のサイトにて公開しております。
http://lifecyclespirals.blog65.fc2.com/

0 件のコメント:

コメントを投稿

この度はコメントをいただき誠にありがとうございます。
必ずしもコメントにご返信できるかはわかりませんので、あらかじめご注意ください。