2012/06/30

アメリカ・PCEコアデフレーター(食品・エネルギー除く)1959年1月から2012年4月までをグラフ化

アメリカ・PCEコアデフレーター(食品・エネルギー除く)1959年1月から2012年4月までをグラフ化しています。
前月比 前年同月比 9ヶ月移動平均線 24ヶ月移動平均線
ボリンジャーバンド サイコロジカルライン スプレッドシート CSVシート

アメリカ・PCEコアデフレーター
GDPの内訳(個人消費・設備投資・住宅投資・在庫投資・政府支出・純輸出)の中の個人消費支出のデフレータ(物価上昇分を考慮しない名目の個人消費支出と、物価上昇分を考慮して算出される実質の個人消費支出との差額を調整する値)を指す。名目個人消費支出÷実質個人消費支出で算出される。

個人消費の物価動向を示す指標であり、個人消費の変動分から物価変動分を取り除く際にも利用される。個人消費のうち変動の大きい食品・エネルギーを除いたPCEコアデフレータは、FRBの物価判断基準において最も重要視される指標である。特に、月次ベースでの前年比の数字が注目される。

FRBが重視する指標のうちの一つです。金融緩和などを予測する際には重視する必要のある数値です。




PCEコアデフレーター(食品・自動車除く)、9ヶ月移動平均線、24ヶ月移動平均線の推移です。

常に上昇基調にあることが確認できます。


前月比、前年同月比の推移です。

前月比がほぼ常にプラス圏にあるため、マイナス圏に転落した時には警戒が必要でしょう。

ほぼ常に上昇基調にあるため、前年同月比の推移が特に重要です。

現在は小康状態にあるものの、1990年代前半の低迷期と同様の水準であることがわかります。依然としてアメリカの景況が超長期的に見ると低空飛行を続けているようです。


ボリンジャーバンドの推移です。

+1Φから+2Φの間で推移していることがわかります。

今後も同様の推移を取る可能性が高いでしょう。


12ヶ月サイコロジカルラインの推移です。

直近では上昇傾向を反映しているようです。

残念ながら先行性は見られません。


以上のデータ作成には、以下のデータを使用致しました。

PCEコアデフレーター195901~201204.csvダウンロード

0 件のコメント:

コメントを投稿

この度はコメントをいただき誠にありがとうございます。
必ずしもコメントにご返信できるかはわかりませんので、あらかじめご注意ください。