2012/06/30

対米証券投資(ネット長期ITCフロー)197701~201204までをグラフ化

対米証券投資(ネット長期ITCフロー)197701~201204までをグラフ化しております。
前月比、前年同月比、9ヶ月移動平均線、24ヶ月移動平均線
ボリンジャーバンド、サイコロジカルライン、スプレッドシート、CSVファイル
以上のデータも併記しております。

対米証券投資
米国への、または米国からの資金の流れを集計したもの。 海外から米国の証券(国債・政府機関債・社債等を含む)へ流入した金額と、米国から外国証券投資等により流失した金額。米国の商業銀行、貯蓄金融機関、銀行の持ち株会社、カストディー業務機関、ノンバンク等からデータが集められる。国別の数字も発表される。米国への資金の流れを把握する上で重要な指標だが、調査から発表までの時間の間隔が大きく、速報性には欠ける。 結果は、米国商務省経済分析局により、国際収支と対外資産負債残高の算定に使用される。





対米証券投資(ネット長期ITCフロー)、9ヶ月移動平均線、24ヶ月移動平均線の推移です。

移動平均線がゴールデンクロスしようとしています。ただし、直近の対米証券投資は弱い傾向にあるため、こうした傾向が維持されるかは難しいところでしょう。


前月比、前年同月比の推移です。

残念ながらあまり参考にはなりません。


ボリンジャーバンドの推移です。

直近で中央値を下回っているのがわかります。


12ヶ月サイコロジカルラインの推移です。

偏りのない傾向を示していますが、マイナスに転じていることもあり、あまり参考にはならない傾向にあります。


かなり上下のブレが激しい傾向にあります。そのため、移動平均線が最も参考材料となりやすそうです。移動平均線自体は横ばい傾向にありますから、今後も弱い推移が続くかもしれません。

以上のデータ作成には、以下のデータを使用致しました。

対米証券投資197701~201204.csvダウンロード

0 件のコメント:

コメントを投稿

この度はコメントをいただき誠にありがとうございます。
必ずしもコメントにご返信できるかはわかりませんので、あらかじめご注意ください。