2012/06/30

アメリカISM非製造業総合景況指数の2008年1月から2012年5月までをグラフ化

アメリカISM非製造業総合景況指数の2008年1月から2012年5月までをグラフ化しています。
前月比、前年同月比、9ヶ月移動平均線、24ヶ月移動平均線
ボリンジャーバンド、サイコロジカルライン、スプレッドシート、CSVファイル
以上のデータも併記しております。

ISM非製造業総合景況指数
非製造業における企業のセンチメントを反映する景気転換の先行指標。
300社以上の購買担当役員にアンケート調査を実施して作成する。
50を上回ると景気拡大、逆に50を割り込むと景気後退を示唆しているとされる。GDPとの関連性を持たせるために2008年1月分の統計より算出方法が変更され、現在は「事業活動・新規受注・雇用・入荷遅延」の4項目(比率はそれぞれ25%)につき、「先月に比べて良い、同じ、悪い」の回答結果をもとに算出する。




ISM非製造業総合景況指数、9ヶ月移動平均線、24ヶ月移動平均線の推移です。

直近で予想上振れしたものの、2つの移動平均線を下回りました。依然として弱い推移が続いています。


前月比、前年同月比の推移です。

前年同月比が既にマイナス圏に転落してしばらく経っています。当然のことながら良い推移ではありません。


ボリンジャーバンドの推移です。

直近で9SMAから-1Φの間で推移しています。

そもそもやや不安定な推移を取っているせいか、予想することは困難ではありますが、少なくとも直近では下落傾向を示しているようです。


12ヶ月サイコロジカルラインの推移です。

直近で中央の0.5に値を戻しています。基本的に偏りの無い横ばい傾向を示していることがわかります。


直近で予想上振れしたものの、ポジティブサプライズとはいえない水準での推移となりました。やはりアメリカの経済も予断を許さない状況にあることがよくわかります。

以上のデータ作成には、以下のデータを使用致しました。

アメリカISM非製造業総合景況指数200801~201205.csvダウンロード

0 件のコメント:

コメントを投稿

この度はコメントをいただき誠にありがとうございます。
必ずしもコメントにご返信できるかはわかりませんので、あらかじめご注意ください。