2012/06/30

アメリカGDP四半期ベースの2005年Q4から2012年Q1までグラフ化

アメリカGDP四半期ベースの2005年Q4から2012年Q1までグラフ化しています。
前期比 前年同期比 3期移動平均線 8期移動平均線
ボリンジャーバンド サイコロジカルライン スプレッドシート CSVファイル
以上のデータも併記しております。




GDP、3期移動平均線、8期移動平均線の推移です。

リーマン・ショック後に落ち込みが見られるものの、成長を維持しているのがわかります。


前期比、前年同期比の推移です。

重要になるのはこちらの指標化と思います。

こうしてみると、GDPの成長は安定的であるようです。

ただ、膨大な金融危機対策を行った割に、全く影響が表れていない可能性があります。


ボリンジャーバンドの推移です。

わかりにくいかもしれませんが、+1Φにピッタリとくっついた推移を見せていることがわかります。

異常なほど綺麗な成長を見せているのかもしれません。


8期サイコロジカルラインの推移です。

これほどの安定的な成長であると、1以下が良くない推移と言えるかもしれません。

直近でも1を維持しており比較的安定的な推移を見せています。


以上のデータ作成には、以下のデータを使用致しました。

アメリカGDP quarterly 2005Q3~2012Q1.csvダウンロード

0 件のコメント:

コメントを投稿

この度はコメントをいただき誠にありがとうございます。
必ずしもコメントにご返信できるかはわかりませんので、あらかじめご注意ください。