2012/06/30

イギリス月次CPIの1947年6月から2012年5月までをグラフ化

イギリス月次CPIの1947年6月から2012年5月までをグラフ化しています。
前月比、前年同月比、9ヶ月移動平均線、24ヶ月移動平均線
ボリンジャーバンド、サイコロジカルライン、スプレッドシート、CSVファイル
以上のデータも併記しております。

CPI 消費者物価指数
CPIが上昇することはインフレになっていることを表します。
インフレが進むと中央銀行は政策金利を上昇させてインフレを抑えます。
そのため、CPIは中央銀行の政策金利動向に影響を与えます。
中央銀行の政策金利動向を予測する上で非常に重要な指標となっています。




イギリスCPI、9ヶ月移動平均線、24ヶ月移動平均線の推移です。

非常に安定的な上昇傾向を維持しています。


前月比、前年同月比の推移です。

前年同月比が非常に見やすいグラフとなっています。

直近で前年同月比は鈍化傾向を示しています。


ボリンジャーバンドの推移です。

直近では+2Φから+1Φに収まる推移を取っており、上昇傾向を見せています。


12ヶ月サイコロジカルラインの推移です。

直近ではやや鈍化しているものの上昇傾向を維持していることがわかります。


直近の指数結果は市場予想よりもやや弱い結果となりました。そのため、これを嫌気されてポンド安が進んでいます。

以上のデータ作成には、以下のデータを使用致しました。

イギリスCPI194706~201205.csvダウンロード

0 件のコメント:

コメントを投稿

この度はコメントをいただき誠にありがとうございます。
必ずしもコメントにご返信できるかはわかりませんので、あらかじめご注意ください。