2012/06/14

アメリカ消費者物価指数の2002年から2012年をグラフ化

アメリカ消費者物価指数の2002年から2012年をグラフ化します。






データ:https://www.google.com/fusiontables/DataSource?snapid=S501300iN1A

消費者物価指数の推移です。

基本的に一定の割合で増加傾向を維持しているのがわかります。

唯一落ち込みを見せたのがリーマン・ショック時となります。

前月比の推移です。

基本的にプラス圏にあり、増加を維持していることがわかります。

前年同月比の推移です。

こちらのグラフでは指数の推移では見えなかった増加幅の推移が表現されています。

直近では下落傾向にあり、激しいインフレが若干和らぎつつあることがわかります。

最新の経済指標グラフ記事は以下のサイトにて公開しております。
http://lifecyclespirals.blog65.fc2.com/

0 件のコメント:

コメントを投稿

この度はコメントをいただき誠にありがとうございます。
必ずしもコメントにご返信できるかはわかりませんので、あらかじめご注意ください。