2012/06/30

豪新規雇用者数の1978年2月から2012年5月までをグラフ化

豪新規雇用者数の1978年2月から2012年5月までをグラフ化してみます。
前月比 前年同月比 9ヶ月移動平均線 24ヶ月移動平均線
ボリンジャーバンド サイコロジカルライン スプレッドシート CSVファイル
以上のデータも併記しております。

新規雇用者数とは、AUで特定の月に新規で雇用された人数を測定する指標である。数値が上昇傾向にある場合、労働市場の力を示し、消費者支出に好影響を与え、それ故経済成長にも好影響を与える。予想より高い発表値はポジティブとなり、予想より低い発表値はネガティブとなる。




新規雇用者数、9ヶ月移動平均線、24ヶ月移動平均線の推移です。

直近でおおよそ11400台にあることが多くなっていました。それだけに新規雇用者数の上昇はポジティブサプライズと言えます。

市場では、この数字が非常に好感されています。


前月比、前年同月比の推移です。

前年同月比が直近で上昇を始めていることがわかります。

上昇傾向を示しており、好感の持てる内容でしょう。


ボリンジャーバンドの推移です。

+2Φ上を推移しており、上昇傾向を強く示しています。

今後もこうした傾向を維持されるかが重要となりそうです。


12ヶ月サイコロジカルラインの推移です。

長期的に見ると、かなり不安定な推移を見せています。

通常見られる0.5を中央値と見れば十分かもしれません。

そのように見るなら直近で上昇傾向を示し始めていることがわかります。


2012年5月の発表はとても好感の持てる内容と言えそうです。実際に約9ヶ月ほど横ばい傾向を示していましたが、そうした傾向が良い形で打破されたのは良い結果と言えそうです。

以上のデータ作成には、以下のデータを使用致しました。

豪新規雇用者数197802~201205.csvダウンロード

0 件のコメント:

コメントを投稿

この度はコメントをいただき誠にありがとうございます。
必ずしもコメントにご返信できるかはわかりませんので、あらかじめご注意ください。