2012/06/15

NY連銀製造業景気指数の平均労働時間指数の推移を2001年から2012年までグラフ化

NY連銀製造業景気指数の平均労働時間指数の推移を2001年から2012年までグラフ化します。

平均労働時間指数の減少報告数推移です。

やや減少傾向を示していますが、基本的に低水準となっています。

平均労働時間指数の増加報告数推移です。

直近ではやや上昇傾向にあります。

平均労働時間指数の変化なし報告数推移です。

やや直近では上昇傾向にあるようです。

平均労働時間指数の総合推移です。

かろうじてプラス圏での推移となっています。

4つのチャートを併記したグラフです。

大半が変化なしを報告し、それ以外は辛うじて増加報告をしているのがわかります。

基本的に人民元の上昇に伴いNY州の労働環境が改善傾向にある可能性を表しているのがわかります。

最新の経済指標グラフ記事は以下のサイトにて公開しております。
http://lifecyclespirals.blog65.fc2.com/

0 件のコメント:

コメントを投稿

この度はコメントをいただき誠にありがとうございます。
必ずしもコメントにご返信できるかはわかりませんので、あらかじめご注意ください。