2012/05/01

オーストラリア住宅価格指数の2002年から2012年をグラフ化


2002年から2012年のオーストラリア住宅価格指数推移をグラフ化してみます。


2002年から2012年の四半期ごとの推移です。

はっきりと下落傾向が見て取れます。

リーマンショック後の下落はわからなくもないのですが、直近では不穏な流れと言えます。


前月比の推移です。

連続してマイナスに転落しています。

継続的な下落傾向が確認できます。



直近の下落傾向はリーマンショック後よりも継続的な下落傾向であることがわかります。


これは非常に不穏な推移を見せていると言えます。

オーストラリア経済は中国の影響を受け易いと言われますが、中国の失速にしっかりと連動しているかのような動きと言えるかもしれません。

利下げ予想も出ていますが、こうした主要な指標が下落傾向にあると言うことからも納得できる流れかもしれません。

0 件のコメント:

コメントを投稿

この度はコメントをいただき誠にありがとうございます。
必ずしもコメントにご返信できるかはわかりませんので、あらかじめご注意ください。