2012/05/02

米製造業受注を1992年から2012年までグラフ化


アメリカ製造業受注の推移を1992年から2012年までグラフ化してみます。

製造業の出荷・在庫・新規受注・受注残高が発表される。新規受注の中で非国防資本財受注は設備投資の先行指標として見られ注目度が高い。ただ特殊要因によって振幅が大きい場合が多く、振幅の大きい航空機を除いた非国防資本財受注が注目される傾向もある。毎月上旬(夏時間:日本時間午後11時、冬時間:日本時間午後12時)発表。

製造業受注額の推移です。

直近ではリーマンショック時のピークに近づいているのがわかります。

前月比の推移です。

3月の前月比予想は-1.7%と鈍化予想となっています。


前年同月比の推移です。

直近では鈍化傾向が見て取れます。勢いがなくなりつつあるようです。

0 件のコメント:

コメントを投稿

この度はコメントをいただき誠にありがとうございます。
必ずしもコメントにご返信できるかはわかりませんので、あらかじめご注意ください。