2012/04/14

NY連銀製造業景気指数の推移をグラフ化


NY連銀製造業景気指数の推移を2001年7月から2012年3月までグラフ化してみます。





2012年4月の予想は+18.00と微減予想となっています。

NY連銀製造業景気指数は0を中間としてプラスの時景況が良く、マイナスの時景況が悪いと判断します。

なかなか推移を確認しても興味深い傾向がはっきりと現れています。

景況が改善傾向にある場合は3ヶ月程度指数の改善が市況を先行しているようです。

ただし、景況が悪化傾向にある場合は、ほぼ市況と連動傾向にあります。

つまり、景況の改善傾向をみるには参考になりますが、景況が悪化するときには先行指標としては参考にはならないかもしれません。

0 件のコメント:

コメントを投稿

この度はコメントをいただき誠にありがとうございます。
必ずしもコメントにご返信できるかはわかりませんので、あらかじめご注意ください。