2012/04/13

中国のGDPを四半期ごとに1992年から2011年までをグラフ化


中国の2012年Q1GDPが8.1%と発表されました。

そんなわけで2011Q4までのGDP推移をグラフ化して確認してみます。

データは面倒だったのでWikiから拝借しました。どうも確認はできていませんがNBSoCのデータでは無いようです。ご注意ください。

データ元:http://en.wikipedia.org/wiki/Historical_GDP_of_the_People's_Republic_of_China





1992年から2011年のデータです。四半期ごとの上下がくっきりとしています。

次は増減比の推移です。




やはり、こうして見ると傾向がはっきりとわかります。

直近での下落傾向がかなり気になるところですね。

様々な中央銀行は中国などをはじめとする新興国が継続的に成長し、2012年後半以降の先進国経済の成長を牽引すると見ているようですが、そうした前提に陰りが出始めたと言えるかもしれません。

0 件のコメント:

コメントを投稿

この度はコメントをいただき誠にありがとうございます。
必ずしもコメントにご返信できるかはわかりませんので、あらかじめご注意ください。