2012/04/06

2012年3月までの外貨準備高推移をグラフ化



2012年3月までの外貨準備高推移が財務省から発表されたのでグラフ化してみます。


タイムラインは以下の様になりました。


基本的に右肩上がりの推移となっています。

恐らく、ドル円との相関関係が根深いと思うので、一応同時期のドル円相場の平均的な推移を示してみます。





こちらのドル円相場は月足の平均値から作成したチャートです。

綺麗に反比例しているわけではありませんが、若干の関連性が見て取れます。



ちなみに詳細な数値は以下のようになっています。



直近の12年1月に出された1,306,668百万米ドルがピークとなっています。

2月以降は一旦相場が緩んだので、外貨準備高も減少傾向にあるようです。

3月発表の数値は前月比で-1.09%と小幅減少となりました。

0 件のコメント:

コメントを投稿

この度はコメントをいただき誠にありがとうございます。
必ずしもコメントにご返信できるかはわかりませんので、あらかじめご注意ください。