2012/04/20

1991年から2012年のIFO景気動向指数をグラフ化


1991年から2012年のIFO景気動向指数をグラフ化してみます。





2005年を100としている指数のようです。

全体的に指数の上下が乏しいため、少しでも予想よりもブレると影響もブレやすいかもしれません。ちなみに、2012年4月発表の指数予想は109.5と微減予想となっています。



2005を100とした指数です。それぞれ…

R1:Business Climate(景気動向指数)
R2:Business Situation(景況指数)
R3:Business Expectations(企業心理指数)

…だと思います。

興味深い傾向として、景気が崩れる前には指数の乖離が見られ、2009年の4月には…景気が一時的な小康状態に向かう直前には指数がクロスしていることでしょうか?

これだけでは正直なんとも言えませんが、現在は更に乖離し始めていることを踏まえると、危機が迫っていると解釈できるかもしれません。





こちらはバランス表記されたR1,R2,R3です。

この”バランス”の意味がわからないのでなんとも言えませんが、傾向としては若干上向きのようです。



対象となる企業数が数千社と多いため、かなり質の高い統計でしょう。

ZEW景況感調査と若干の連動も見られます。4月も連動すると仮定するなら、ZEWは若干上振れているため、19.5と微減の市場予想は外れるかもしれません。

0 件のコメント:

コメントを投稿

この度はコメントをいただき誠にありがとうございます。
必ずしもコメントにご返信できるかはわかりませんので、あらかじめご注意ください。